tel:03-5577-6606
fax:03-5577-6650
〒101-0047東京都千代田区内神田1丁目18番11号東京ロイヤルプラザ1116
お問合せはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

M&A案件情報

 

M&Aと不動産鑑定評価

M&Aと不動産鑑定評価

 M&A(Merges & Acquisitions)、すなわち企業の合併及び買収が行われる際には、「企業結合に係る会計基準(企業会計基準第21号)」の要請で被取得企業の資産を時価評価することが求められます。従来、日本における会計基準では、持分プーリング法が一部認められていましたが、平成21年4月1日以降、日本国内のM&Aにおいても持分プーリング法の適用が認められず全て買収法が適用されることとなりました。

 

 またM&A時の購入価格は企業(または事業)の収益性によるインカム・アプローチ(主にDCF法)が重視されますが、所有不動産の時価評価により時価純資産法(コスト・アプローチの一種)や財務指標の精度が高まり、購入価格を多面的に検討することができるようになるため会計基準の要請とは別の観点からも正確な不動産の時価評価は重要な意味を持ちます。またM&A後の財務戦略や事業計画の策定に当たっても時価を把握するメリットは高いと考えられます。そのため購入決定前に被買収企業の財務デューディリジェンスにおいて不動産評価を行い、適正な不動産価格を把握することをお勧めいたします。

 

→ 提携企業によるM&A案件情報

記載内容及び正確さに細心の注意を払っておりますが、当情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負うものではありません。特に法律や会計基準の変更にはご留意ください。

戻る